• 職場でのストレスチェックのやり方

    ストレスチェックはストレスについての質問に答えて、分析して、どんな状態なのかを知る検査です。労働者安全衛生法で、50人を超す事業所で実施されるようになりました。

    ストレスチェックの情報検索ができます。

    ストレスがたまっているかが分かれば対策を講じることができます。


    あまりにひどい場合は医師と話し合うことで解決を図るのです。仕事を少なくしたりで対応します。

    職場の環境も良くなるので心の健康を守れます。

    ストレスチェックのやり方としてはまず実施方法やルールを決めることが大切です。

    準備ができたら質問票を配布して記入してもらいます。記入した質問票を集めてストレスの状態を読みとり、医師との面接が必要かどうか考えます。
    本人に知らせ、同意があったら医師が面接をするのです。

    医師がいろいろ聞きとり、処置を行います。

    集団としても結果を集計するので職場の環境を整えることもやっていきます。

    Girls Channelについてわかりやすく説明しています。

    最終的には職場全体で心の不調を防ぐことが目標です。


    ストレスチェックでは個人情報が漏れないように気をつけなければなりません。

    受ける側が安心できないとよい対処ができなくなります。情報を厳重に管理し、悪用されないようにすることが大事です。



    ストレスチェックで労働者の秘密を知ってしまうことがないようにする必要があります。
    個人の情報を扱う人は守秘義務が発生し、違反したら刑罰に処されるようになっているのです。

    情報を共有するとしても可能な限り少ない範囲にとどめることが個人を守る上で重要です。