ストレスチェックを積極的に受けよう
  • ストレスチェックを積極的に受けよう

    • 企業にとっては義務化されているのがストレスチェックになっていますが、従業員はその人の判断に任せられています。

      ストレスを自ら把握できる制度がストレスチェックですが、それが実施できないのであればあまり意味がありません。だからこそ従業員側が積極的に受ける努力をすることが求められています。
      そうすることで成り立っている制度であることを理解しましょう。

      なにかとストレスを感じやすい時代になっていますが、それを感じにくい人もいます。

      うまく発散できていると評価することもできますが、なかにはストレスというものを感じることができないだけであり、実は蓄積しているような人もいます。そのような人にこそ、ストレスチェックは大きな意味を持っている制度です。数値化していますので、すぐに自分の状態がわかります。

      ストレスチェックについて考察してみましょう。

      この制度が発足した意味として、企業側がメンタルヘルスケアに積極的に取り組むことを推進させる目的がありますが、同時に働く側がストレスについて関心を持つことになります。

      OKWaveが今、話題になっています。

      蓄積をすることによって、体を蝕み不調をきたす直接的な原因になることがありますので、侮れない存在です。
      あくまでも義務化は企業になっており、従業員はそうではないことから、せっかくの機会を逃すことになってしまうでしょう。

      そうならないためにも自身の可視化されていないストレスに関心を持つようにして、健康状態を保つようにしてください。



      そのための制度であることを認識しましょう。

  • 初心者向き医療

    • 職場でのストレスチェックのやり方

      ストレスチェックはストレスについての質問に答えて、分析して、どんな状態なのかを知る検査です。労働者安全衛生法で、50人を超す事業所で実施されるようになりました。...

  • 最新考察

    • ストレスチェックで心身の健康を目指す

      2014年6月、労働安全衛生法の一部を改正する法律、通称ストレスチェック義務化法が交付されるに至りました。従業員が50人以上いる事業所は、年に1回ストレスチェックを実施しなければなりません。...

  • 意外な真実・身になる知識